中学2年生 救急救命講習

千代田消防署瀬名出張所の消防士さんをお迎えして、中学2年生が救急救命講習を受講しました。救急対応の大切さを学んだり、119番通報のデモンストレーションをしたり、胸骨圧迫による心臓マッサージとAEDの使用について実技指導を受けたりしました。「救急車は読んでから平均8分で来る。その8分が大切だ。」その言葉に、緊張感を持ち、実際に緊急時に対応できるようにというイメージをもって学ぶことができました。参加した女子生徒は、「実際にその場面に出くわしてしまった時、この講習の内容を知っているか知らないかで全然違う。今日講習を受けることができてよかった。もし本当に必要な時は怖がらずに実践したい。」と振り返り、中学生であっても救える命があるかもしれないことを心に刻んでいるようでした。

PAGE TOP