新入試に向けて幅広い選択を! 2020年高1より、高校進学後のコース選択を一部変更

6年間のながれはこちら→2020年度の高校3年生より段階的に大学入試の方法が変わっていきます   
※ホームページの特色教育のページが、まだ新コース制に対応していません。6年間のながれについてはこちらを参照してください。

変更のポイントは2点です。従来は基本的に6年間橘中学の生徒だけで高校もクラス編成していましたが
☆高校1年次で、英数科(外部入学生と混合クラス)・一貫α・一貫β・芸術コースを選択(審査)する。
☆一貫βは高校2年次より総合進学コース文理別系統別クラスへ在籍する(外部入学生と混合クラスとなります)。

コース改革に至った理由は
・同じ夢【目指す学力(大学)目指す職業(学問)】を持つ生徒たちと共に学び、競う。
・橘中学生にとって進路指導の受け皿を多方面に選択できる。
・新入試のキーワード主体性」「多様性」に対応。                     

2020年度の高校3年生から段階的に大学入試改革がはじまります。これからの高校生に求められることは、高校在学中、自分の進路に関連することをどれだけやったかが問われる時代になります。こういったことから、橘中学で学んだ基礎教育をベースに、高校では日常的に生活するクラスを目的集団にし、同系統の進路希望(学力)を持つ生徒同士で学ぶメリットを活かすべくコース改革に至りました。体験学習、資格取得、ボランティア活動、大学見学、模試受験などの情報がしっかり伝わり、クラスメイト同士で声をかけ合うことで参加しやすい雰囲気を日常に作ることが目的です。

 

PAGE TOP