9月17日(火)高1・2進路講話が行われました

6・7時間目に高1・高2で、山内太地氏(一般社団法人 大学イノベーション研究所 所長)による「将来の進路の選び方」と題した進路講話が行われました。

自分の進路をしっかりと選択するために、能動的な学習-自分から進んで学ぶこと-が大切であること、学習に “よむ、かく、きく、はなす”4技能を取り入れることでより深い学びができることを教えてもらいました。そして、人に言われたことだけをやっていては、これからの社会では通用しなくなることを、例を挙げて説明してくれました。

最後に、今からすぐにできることとして、①制服で宿題、②15分勉強法、③好きになるよう工夫する、の3点を教えてもらいました。

生徒の皆さんはぜひ今日から実践して、自分の希望する進路を実現してほしいと思います。

 

 

 

 

PAGE TOP