常葉大学付属常葉中学校・高等学校

教育内容

中学校 カリキュラム・日程・卒業生の声

1週間のカリキュラム

  • 保健体育の時間にはダンスの時間が1時間含まれています。
  • 英語の時間には外国人教師と日本人教師の共同授業である「コミュニケーション」が含まれています。
  • 総合学習は、「福祉講座」・「たしなみ講座」・「キャリア講座」・「マナー講座」・「ライフスキル講座」の5講座を受講します。
  • 第1・3・5土曜日は午前中授業(昼食なし)を行います。第2・4土曜日は休校です。

常葉中学生の一日

  •  
    登校

    自転車やバス、徒歩で通う生徒などさまざま。
    市街地に近い好立地で通学もラクラク。

  • 8:15
    朝読書

    25分間、各自の好きな本を読みます。
    ジャンルはさまざま。
    「常葉生が読むべき30冊」を活用し、友達に自分が推薦する図書を紹介します。

  • 8:40
    朝のSHR

    大きな声で1日の始まり。
    出欠をとり、先生から今日1日の予定などが伝えられます。

  • 8:50
    1時限目~4時限目

    さあ、授業の始まりです。
    授業内容により、各教室、グラウンド、体育館など移動をします。
    各授業時間は50分、休み時間は10分です。

  • 12:40
    お昼休み

    待ちに待ったランチタイム!
    各教室で友だちとおしゃべりしながらお弁当を食べます。

  • 13:15
    5時限目~6時限目

    午後の授業のスタートです。

  • 15:15
    掃除

    みんなで担当の場所をキレイに掃除。

     

  • 15:35
    帰りのSHR・放課後

    今日1日の感想を発表したり、明日の連絡事項を伝えて終わりです。

     

  • 15:55
    クラブ活動

    それぞれの活動場所へ。
    各クラブによって活動時間や曜日が異なります。

  • 本校は牛乳給食です。保護者の皆様にはご苦労をおかけしますが、お弁当をご用意頂きます。
    なお、購買にてパンの販売もしております。

卒業生の声

  • 横山 奈津さん

    浜松医科大学 医学部 看護学科

    自分の将来をじっくり考える

    私は浜松医科大学に進学することが決まりました。
    今は、看護師になるという明確な目標があります。中学の時は将来就きたい仕事がいくつかあったので、一番悩んだのは、高校ではどのコースを選択すれば良いか迷いました。看護師になるのであれば看護医療系コースに進むのがいいと思っていましたが、そんな中で、私がなぜGSコースを最終的に選んだかというと、どの職業にも英語は必須だと思ったからです。中学時代のことを振り返って皆さんにお伝えできるとしたら、何事も決して先延ばしにして時間を無駄にしてほしくないということです。将来のことが決まっている人も、これから見つけていく人も、やりたい事や新しい事にどんどん挑戦して欲しいです。決して自分はこうだと決めつけず、常に周りの出来事に興味、関心を持って、チャンスを逃さないように日々を大切に過ごしてください。

  • 浮島 未来さん

    東京農業大学 国際食料情報学部
    食料環境経済学科

    経験から成長する

    私は将来、食品関係もしくは金融の仕事に就きたいと考えています。大学では食物学と経済学の両方を学べるところがいいと考え、この大学の食料環境経済学科に進学することを決めました。大学進学後は自分の夢に向かって頑張りたいと思います。
    常葉中学では、生徒会活動をしていたので、高校でも生徒会活動を続けました。中学のころは、自分の主張がはっきりしすぎて、自分本位な部分もあったと思います。
    高校ではこのままの自分ではだめだと思い、自分の意見を優先しないで、一歩引いた目線から物事を考えるようにしました。こうした生徒会活動の中から、相手の意見を尊重したり、いろんな視点から物事を考える力がついたと思います。生徒会活動の経験を通して、成長できたと実感しています。後輩の皆さんにも常葉中高で多くの経験をして、未来に向けて羽ばたいて欲しいと思います。

  • 吉﨑 凪沙さん

    日本大学 国際関係学部 国際教養学科

    自分の夢をかなえるために

    ホテルウーマンになりたいという夢を持った私は、将来国際社会に対応できる人材になれるよう、英語を学びたいと思い日本大学の国際関係学部に進学することを決めました。私の経験からのお話になりますが、夢をかなえるために大切なことが2つあると思います。1つは、どんな場面でも「準備をおこたらない」ことです。勉強でもスポーツでも同じですが、しっかりとした準備が出来ていれば、あせったり、迷ったりすることがありません。また、次に「時間を有効に使う」ことだと思います。私は、陸上をやっていたので忙しい毎日でしたが、計画的に学習しました。この2つの実践から成績がどんどん良くなっていきました。これから私は大学で一層の努力をしていきます。
    後輩の皆さんも自分の夢をかなえるために頑張ってください。

  • 今濱 香音さん

    常葉大学 健康科学部 看護学科

    継続と挑戦

    私が看護師を目指した理由は、幼い頃、体が弱く入院することがありました。その時に看護師さんが一緒に遊んでくれ、話もたくさん聞いてもらいました。この看護師さんの優しさに触れ、看護師の仕事に興味を持ったからです。今でもその看護師さんは私の心の支えとなっています。私は常葉中学で、一つのことを一生懸命取り組み、継続していくことの大切さを学びました。中高6年間、部活働を続けたことが大きな自信になりました。また、Eノート、1Pノートを毎日コツコツやることで、勉強する習慣が身に付き、その結果、成績も少しずつ向上していきました。他にも私はボランティアに参加したり、いろんな検定試験に挑戦しました。こうした積み重ねが実を結び、夢をかなえるための第一歩を踏み出すことができました。
    皆さんも「継続」「挑戦」を心にとめて頑張っていただけたらとても嬉しいです。

  • 山崎 優衣さん

    常葉大学 短期大学部 保育科

    目標に向かって

    私は幼い頃から年の離れた兄弟の面倒を見ているうちに、漠然と子どもに関わる仕事がしたいと思っていました。小学校の時に幼稚園実習に行ったことがきっかけで、その目標は保育士になるという明確な夢に変わりました。そこで高校では保育コースへ進み自分の夢に近づくことが出来ました。皆さんに伝えたいことは、まだ将来の夢がある人もない人も、何か1つのことを継続して最後まで続けて下さい。これは生活していく上で自信になりますし、将来の受験のアピールポイントになったりもします。また、卒業までに、自分の目標、すなわち「何をしたいか」・「何になりたいか」をはっきりさせておくといいと思います。目標があれば、その夢に向かってやるべきことを早く取り込むことができます。皆さんが充実した学校生活を送れるよう応援しています。

  • 各種証明書の発行依頼
  • 登校許可証明書
  • 災害時対応
  • 常葉グループの上級学校