よくある質問

バスの遅延などの場合はどのように対応していますか。

交通事情などで大幅に予定時刻が遅れる場合は、メルポコを流して保護者様に連絡がいくようにしています。

オーケストラ学習はどんなこと生かされるのでしょうか。

オーケストラ学習は、道徳教育でもあります。仲間と協調して取り組むアンサンブルやオーケストラを作り上げる過程を何よりも大切にしています。楽譜の読み書きができるようになるので、ギターやピアノなど身近な楽器を楽しむこともできます。これは、一生の財産です。音大に進学しプロの演奏家として活躍している卒業生もいます。

どんな方が教えてくれるのですか。

ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの弦楽器とフルート、クラリネット、コルネット、ホルン、トロンボーンなどの管打楽器の10名の専門家の指導者から週2回教わります。1クラスは5名程度の少人数で編成され、熱心で丁寧な指導を受けることができます。

スクールバスのバス停は新設できますか。

新人生は、入学前説明会で、バス停の相談をおこないます。現在のバスルートでは対応できない場合は、新しく設置することも含めて、相談させていただきます。ただし、幼稚園バスと違い大型バスのため、住宅内の狭い道や交通量の多い危ない場所での停車はお断りしています。

スクールバスの費用はどのくらいですか。

利用距離や回数によって違ってきます。バス運行協力金としてお願いしています。目安として、美和中学校バス停入口(5号車)の始発から往復乗車すると、1期25,000円。JR東静岡駅(8号車)では12,000円(平成30年度実績)かかります。これを3期分お願いしています。

スクールバスは、お稽古ごとのある日は号車を変えられますか。

原則として変えられません。スクールバスはご自宅もしくは保護者の仕事場、祖父母宅など、お子様を確実に保護者様のもとに返すことを前提に運行していますので、御理解ください。 

スクールバスの変更は可能ですか。

車でのお迎えになる場合には、当日「連絡帳」に記入していただき対応します。路線変更や乗車場所の変更などは、担任に連絡していただき、担当と相談の上、検討させていただきます。

スクールバス乗車中の災害等の対応はどのようになっていますか。

各ドライバーが、本部から連絡を受けると共にルート上の地域の避難場を把握しています。年に1度、保護者様とともに地震を想定した引き取り訓練も実施しています。

JRなどの事故でスクールバスの時間に間に合わない場合はどうしますか。

通学班の班長さんが携帯電話を使い、学校と連絡を取り合います。場合によって他のバスが向かえに行くこともあり、子どもたちに不安を与えないように対応しています。

1年生で、遠方からの乗車が心配です。

4月の最初に乗車指導があり、各号車の担当教員が一緒に下校し、様子を見守ります。また1年生の保護者様(あるいは同じバス停の保護者様)には、4月中は登下校時にバス停まで来ていただき、確実に子どもたちが乗車下車し帰宅できるように、見守りをお願いしています。慣れるまで、送迎でその後スクールバスを御利用する御家庭もあります。

小学校でオーケストラ学習をする意図はなんですか。

42年前の開校時から、全国でも珍しいオーケストラ学習を始めました。みんなで創り上げるハーモニーが、子どもたちに大きな感動と達成感を与えます。「音楽の力」を信じ、生涯を通して音楽を楽しめる人になって欲しいと願っています。

ランドセルは指定がありますか?

学校指定のランドセルはありません。色だけ男子は黒系、女子は赤系と決まっています。大きさ、ステッチの色、販売店などは自由です。御心配な場合には、事前にお問い合わせください。

オープンスペースのメリットは何ですか?

教室の雰囲気が把握しやすく、教員も授業の手が抜けず室の高い授業を意識します。クラス単位だけでなく、学年としての活動も頻繁にできます。多少うるさい時もありますが、逆に子どもの集中力がつきます。廊下に立っているとまわりの音が気になりますが、教室内に入ると気になりません。

通学地域はどの範囲くらいですか?

本年度は、全校の83%が静岡市内(葵区40%、駿河区31%、清水区21%)から通学しています。遠方西は、掛川・島田・焼津・藤枝・牧之原。東は、三島・富士・富士宮から通学しています。約8割の児童がスクールバスで登校しています。

危機管理について教えてください。

想定される危険として、(1)学校管理下における事故(体育の時間、熱中症、アレルギー)(2)犯罪被害(不審者)(3)交通事故(JR、スクールバス)(4)災害(地震、台風)などそれぞれに対応できるように、役割分担をして、必要なものは訓練をしています。不審者対応には、玄関前・裏に防犯カメラを設置し、教員はスクールガードを身につけ、いざというときに対応します。

ASクラブは、どのくらいの利用がありますか。希望すれば必ず入ることができますか。

本年度は、通年利用者が47名程います。他に火木利用(遅バス利用)、1日利用登録者がいます。希望する方すべてに御利用いただいております。仕事の関係で保護者の監護を受けられない御家庭を優先して受け入れます。

音がでないのですが、どうすれば良いですか?

以下の内容を確認ください。

  1. 音声デバイス、ケーブルは正常に接続されているか
  2. ボリュームコントロールがミュートになっていないか
  3. マイクスピーカー、もしくはヘッドセットのコネクタが接続されているか
  4. 音声デバイスは認識されているか

ハウリングやエコーが発生するので解決方法を知りたい。

以下、ご確認をお願いいたします。

  1. マイクは正しい位置になっているか確認する
  2. スピーカーの近くにマイクが置かれていないか確認する
  3. 音量が大きすぎないか確認する
  4. スピーカーとパソコンを接続するケーブルが正しい位置に接続されているか確認する
  5. スピーカ設定のエコーキャンセラ機能があれば、有効になっていることを確認する
  6. 同じ部屋・近い場所から2端末がミーティングに参加していない確認する

※相手側と双方でご確認ください。
※上記で解決しない場合「オーディオ」と「スピーカ」が両方ともONの状態だとハウリングする可能性が高いので、どちらかをOFFにしてご利用ください。

ミーティングが繋がったり繋がらなかったりするのですが?

ネットワーク環境が不安定な可能性がありますので、お客様ネットワークの確認をお願いいたします。また、Zoom以外のアプリケーションを終了してから、再度お試しください。

どんな方が指導してくれるのですか?

指導員は、教員や保育士の資格を有する者と本校職員があたります。また常葉大学の学生ボランティアも参加し、子どもたちの様子を見守るスタッフがたくさんいますので、安心して放課後を過ごすことができます。

入学後、寄付金など必要な経費はありますか?

入学時に、制服や教材費が7万円程度かかりますが、寄付金などお願いすることはありません。また、月々の納入金の中には給食費も含まれており、修学旅行費も1年次からの校外活動費の積立金でまかないます。

修学旅行はどこへ行くのですか?

6年次に2泊3日で、福島県羽鳥自然公園の森に位置するブリティッシュヒルズに行きます。7万3000坪の広大な敷地には、12世紀から18世紀にいたる建築様式のゲストハウスがあり、中世英国の「街」の雰囲気を楽しむことができます。6年間の英語教育の実践の機会として、3日間ネイティブと英語を使って活動します。

全校児童はどれくらいですか?

全校児童は338名で、男子が170名、女子168名です。1学年3クラスで、学級編成は男女のバランスを考えて行います。1クラス20名を基準に、16名から22名と学年によって違います。

気になることは担任と連絡がつきますか?

気になる点がございましたら、毎日の『連絡帳』に書いていただいています。担任だけでなく、学年主任、教頭、校長、カウンセラーなど様々な形で対応いたします。

携帯電話は持参してもよいですか?

JR通学の児童には、保護者との連絡手段として許可しています。それ以外に防犯のためなどの理由で携帯させたい場合には、個別に検討した上での許可制にさせていただいております。

アレルギーがある場合、給食はどうなりますか?

状況を把握させていただき、全面的に給食が無理な場合には、ご家庭からお弁当を持参していただいています。教職員は自己注射薬(エピペン®)使用の講習も受け、アレルギーを持つ児童に対応しています。

オーケストラ学習や英語が心配です

オーケストラは、学校にある楽器で専門の指導者が一から丁寧に指導します。英語はネイティブとのティームティーチングで、日本人の英語教員がバックアップします。6年間の成長をそれぞれ楽しみにしてください。
詳しくは「感性・国際性を育む授業」を御覧ください。

卒業後の進路はどうなっていますか?

本校の魅力のひとつは、6年後の進路選択の幅が広い点にあります。系列中学校はもちろん、国公立中学校、他私立中学校など、本人の希望と保護者との相談で進路を決定していきます。

夏休みのような長期休暇は、預かり保育はありますか?

令和元年度は4月1日から開設し、新1年生は入学前から預かりを始めました。夏休みなどの長期休暇中は、専任のAS教員に本校職員が加わり、多くの目で子どもたちの指導をします。また校外への活動なども計画します。

放課後の預かり保育はありますか?

平成27年度から開始し、今年で4年目を迎えました。放課後の時間が充実しており大変好評です。費用面などは「放課後児童クラブ」を御覧ください。

宿題などのサポートをしてくれますか?

もちろん行います。まず、宿題から各自で行い、指導教員がサポートに入ります。宿題はASクラブでやりきるように指導しています。おやつの時間や自由な遊び、工作の活動もありますので、メリハリをつけて勉強することができます。

5年生以上の子どもの受け入れば可能ですか?

原則として、1年生から4年生を対象にしていますが、御家庭の事情等がある場合には、御相談ください。

スクールバスなどの送り迎えはありますか?

放課後児童クラブの子どもたちは、保護者様に18:30までに迎えに来ていただくことになります。但し、低学年の場合には、高学年の遅帰りのバス(火・木16:20)に乗ることは可能です。

1日だけお願いすることはできますか?

可能です。前日までに申し込みをしてください。長期休業中も1日だけのスポット利用も可能です。本年度も多くの方々に御利用いただいており、大変好評です。

ASとは何のことですか?

After School(放課後)のことです。放課後は、子どもたちにとって1日の中でもとても大事な時間です。本校の教育方針である『三方よし』(自分よし 相手よし みんなよし)を放課後の時間も実践していきます。

まったく楽器を演奏したことがないのですが、大丈夫ですか。

大丈夫です。専門の指導者が一から丁寧に教えます。大人が心配するよりも子どもたちは、新しい体験にむしろわくわくしています。音楽教室に通っていなくてもついていけます。

楽器は各自で購入するのですか。

すべての楽器は学校で用意しますので、心配はいりません。毎年メンテナンスを行いますので、ベストな状態で演奏することができます。

どうやって楽器は決まるのですか。

1年入学時には、ヴァイオリンかチェロの希望をとります。指導者からどんな楽器か生で演奏してもらい選択します。人数調整が必要な場合には、本人が納得してから対応します。