感性・国際性の授業

オーラルコミュニケーションを重視した【英語】

1年生から週2時間、5,6年生は週3時間、ネイティブと日本人英語教師のティーム・ティーチングによるきめ細やかな指導で、一人一人の英語力を伸ばします。

  • 本校独自の6年間一貫カリキュラムで、「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能の土台を築き、中学校以降の学習につなげます。
  • 1年生から「フォニックス(音声指導)」を始め、英語が読めるようになります。
  • 修学旅行は、福島のブリティッシュヒルズに行き、様々な活動を通して、楽しみながら英語漬けの研修を行います。
  • 英検受験を推奨し、放課後指導も行います。
  • 希望者は、夏休みに10日間のオーストラリア研修に参加できます。

姉妹校について

オーストラリアのゴールドコーストにあるバリナという町にある私立の一貫校、エマニュエル・アングリカン・カレッジと姉妹校提携を交わしています。本校からは毎年20名ほどの児童が10日間現地校に通い、同世代の子どもたちと一緒に授業を受けながらホームステイ体験をします。幼稚園から週1時間の日本語の授業があり、大変親日的な学校です。
姉妹校Emmanuel Anglican College

感動するしなやかな心を育てる【オーケストラ学習】

全校児童がオーケストラに取り組んでいる小学校は、全国的にも珍しく、創立当初から本校の特色教育の1つとして、力を入れています。入学と同時にヴァイオリンかチェロを学習し、3年生から管・打楽器が加わり、オーケストラ学習が始まります。譜面の勉強は、将来子どもたちが自分で音楽を楽しむ力にもなります。

  • 1年生から、週2時間、10人の専門家の指導者から基礎を学び、音楽をつくる楽しさや喜びを体験します。
  • 年1回、全校児童によるオーケストラ学習発表会を行います。
  • 卒業式は、在校生による「威風堂々」の生演奏で、上級生を送ります。
  • 楽器はすべて個に合ったサイズのものを学校に揃えてあります。

オーケストラ学習についてのよくある質問

バスの遅延などの場合はどのように対応していますか。

交通事情などで大幅に予定時刻が遅れる場合は、メルポコを流して保護者様に連絡がいくようにしています。

オーケストラ学習はどんなこと生かされるのでしょうか。

オーケストラ学習は、道徳教育でもあります。仲間と協調して取り組むアンサンブルやオーケストラを作り上げる過程を何よりも大切にしています。楽譜の読み書きができるようになるので、ギターやピアノなど身近な楽器を楽しむこともできます。これは、一生の財産です。音大に進学しプロの演奏家として活躍している卒業生もいます。

どんな方が教えてくれるのですか。

ヴァイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの弦楽器とフルート、クラリネット、コルネット、ホルン、トロンボーンなどの管打楽器の10名の専門家の指導者から週2回教わります。1クラスは5名程度の少人数で編成され、熱心で丁寧な指導を受けることができます。

スクールバスのバス停は新設できますか。

新人生は、入学前説明会で、バス停の相談をおこないます。現在のバスルートでは対応できない場合は、新しく設置することも含めて、相談させていただきます。ただし、幼稚園バスと違い大型バスのため、住宅内の狭い道や交通量の多い危ない場所での停車はお断りしています。

スクールバスの費用はどのくらいですか。

利用距離や回数によって違ってきます。バス運行協力金としてお願いしています。目安として、美和中学校バス停入口(5号車)の始発から往復乗車すると、1期25,000円。JR東静岡駅(8号車)では12,000円(平成30年度実績)かかります。これを3期分お願いしています。

スクールバスは、お稽古ごとのある日は号車を変えられますか。

原則として変えられません。スクールバスはご自宅もしくは保護者の仕事場、祖父母宅など、お子様を確実に保護者様のもとに返すことを前提に運行していますので、御理解ください。 

スクールバスの変更は可能ですか。

車でのお迎えになる場合には、当日「連絡帳」に記入していただき対応します。路線変更や乗車場所の変更などは、担任に連絡していただき、担当と相談の上、検討させていただきます。

スクールバス乗車中の災害等の対応はどのようになっていますか。

各ドライバーが、本部から連絡を受けると共にルート上の地域の避難場を把握しています。年に1度、保護者様とともに地震を想定した引き取り訓練も実施しています。

JRなどの事故でスクールバスの時間に間に合わない場合はどうしますか。

通学班の班長さんが携帯電話を使い、学校と連絡を取り合います。場合によって他のバスが向かえに行くこともあり、子どもたちに不安を与えないように対応しています。

1年生で、遠方からの乗車が心配です。

4月の最初に乗車指導があり、各号車の担当教員が一緒に下校し、様子を見守ります。また1年生の保護者様(あるいは同じバス停の保護者様)には、4月中は登下校時にバス停まで来ていただき、確実に子どもたちが乗車下車し帰宅できるように、見守りをお願いしています。慣れるまで、送迎でその後スクールバスを御利用する御家庭もあります。

想像力や思考力を育てる【読書活動】日本語の美しさにふ触れる【書写】

想像力や思考力を育てる【読書活動】
日本語の美しさにふ触れる【書写】
日本語の美しさにふ触れる【書写】

専任の司書教諭がいつもいる名物図書室は、つい立ち寄りたくなるアイディア満載のファンタジーランド。子どもたちにとって「行きたい図書館、使える図書館」を目指し、日々いろいろな工夫をしています。橘っ子は本が大好きで、いつも読みかけの本が手元にあります。
書写では週1時間、1年生から書写の時間があり、専門の指導者から丁寧な指導を受けることが出来ます。鉛筆の持ち方、姿勢、筆使い、筆順、文字の組み立て方など文字の書き方だけでなく、その背景にある文化や漢字の成り立ちなどについても学びます。

情報活用能力を伸ばす【情報】

1年生から週1時間、情報教員による専門的な指導で、情報活用能力や情報モラルを学びます。1人1台ずつの最新型タブレットパソコンを操作できる環境にあり、タブレットを利用して、他教科の授業でも活用します。